メニュー

慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎とは一般的に、急性副鼻腔炎が完治しない、もしくは完治しても再発し慢性化した状態を指します。慢性副鼻腔炎にはいろいろな種類があり、特殊なものでは真菌(カビ)による真菌性副鼻腔炎、喘息を伴う難治性の好酸球性副鼻腔炎などがあります。ここでは一般的な慢性副鼻腔炎についてご説明します。  

慢性副鼻腔炎の原因

ウイルスや細菌による感染が大きな原因です。風邪をひいた後の鼻水や鼻詰まりがなかなか治らずに長引かせてしまうと急性副鼻腔炎になり、再発を繰り返すことにより慢性化し慢性副鼻腔炎となります。  

慢性副鼻腔炎の症状

症状としては急性副鼻腔炎と同様に鼻水や鼻詰まり、鼻の奥のイヤな臭い、悪臭、嗅覚障害に加え、後鼻漏や鼻茸(鼻ポリープ)などがあります。  

当院の治療内容

慢性副鼻腔炎の治療は短期間で治療することは困難なので、長期間通って頂くことになります。通院中は副鼻腔内の鼻水をきれいにする処置、ネブライザー治療を行います。内服としてはマクロライド系抗生剤の少量長期投与が一般的です。改善が無い場合は連携する総合病院へ手術のためご紹介させて頂く場合もあります。
ページトップ