メニュー

メニエール病

メニエール病の原因

メニエール病は内耳を満たしている内リンパ液が増え過ぎることによって内リンパ水腫という状態になり起こる病気です。しかし、なぜ内リンパ水腫が起こるのかはわかっていませんが、ストレスが病気に影響すると言われています。

メニエール病の症状

メニエール病は片側の内耳が障害されることが多く、左右両側で起こることはほとんどありません。メニエール病のめまいは脳が原因では無いので生命の危険性はありません。
内耳には平衡感覚を司る三半規管や耳石器があり、内リンパ水腫により平衡感覚や聴覚が正常に働かなくなり、グルグル回るめまいや耳鳴り、難聴を伴います。

当院の治療内容

めまいを軽くする内服薬やビタミン剤、内リンパ水腫を軽減するための利尿剤を処方します。症状が強い場合はステロイド剤を追加で処方する場合もあります。

過労やストレスがきっかけで発症することが多いとされています。規則正しい生活を心がけることが大切です。めまいの発作が起こればすぐに横になって安静にしてください。発作が落ち着くのを待ち、なるべく早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。

ページトップ