メニュー

最新記事

肥満といびきの関係性

ご家族やご自身が、昔よりもふくよかになられていませんか?また、体型や体重が気になり出したのと同じようなタイミングで、いびきをかくようになったということはありませんか?
実は睡眠中にいびきと無呼吸を繰り返す閉塞性睡眠時無呼吸症という疾患の約70%が肥満の方であり、逆に肥満の方の約40%が閉塞性睡眠時無呼吸症であるとの報告があります。
そこで、今回は肥満といびきの関係性についてです。

【いびきの仕組み】
いびきは空気の通り道である気道が狭くなることで、息を吸ったり吐いたりするときに音が生じる現象を言います。
メタボ体型=ウエストが大きくなる、お腹が出てくるなどの状況をイメージされる方が多いですが、実は内臓脂肪だけではなく首の周りにも脂肪が増えます。気道の周囲に脂肪が増えると空気の通り道が狭くなり、いびきがでやすくなります。

【肥満の目安】
肥満の目安となる指標には、BMI(体格指数)を用います。BMIは、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で求めることができ、この数字が高いほど肥満の程度が重いことを意味します。

<肥満度の分類>
BMI(kg/m2)     判定
<18.5未満     低体重
18.5以上25未満  普通体重
25 以上30未満   肥満1度
30以上35未満    肥満2度
35 以上40未満   肥満3度
40 以上      肥満4度

【肥満が引き起こす問題】
体重が増えると内臓脂肪が蓄積し、以下のような健康の問題を生じさせます。
・血糖、脂質、尿酸の上昇
・血圧の上昇
・睡眠時無呼吸症候群(リンクIhttps://www.ent-hasegawa.com/ent/treatment01/)
・狭心症、心筋梗塞、脳梗塞
・脂肪肝など

【肥満によるいびきの特徴】
肥満が原因となるいびきには以下のような特徴があります。
・仰向けで寝るといびきがでやすい
・狭い気道を空気が通るような音のいびきがでる
・いびきが止まったり出たりを繰り返す

以下に簡単なチェックリストを設けましたのでご自身でも確認してみてください。

<肥満によるいびきチェック:軽度>
口肥満1度以上(BMI値が 25以上)
口仰向けで寝ている時にいびきがでる
口大きな音のいびきがでる
口無呼吸(睡眠中に息が苦しくなる)が1時間あたり5回程度ある
口 口を開けて寝ている
口睡眠の質の低下による疲労感や集中力低下を感じる

<肥満によるいびきチェック:中等度〜重度>
口肥満3度以上(BMI値が 35以上)
口睡眠中に息が苦しくなる
口無呼吸(睡眠中に息が苦しくなる)が1時間あたり 15〜30回程度ある
口大きないびきの後、急にいびきが止まり、また数秒後にいびきが出る
口十分な睡眠時間を確保しても熟睡した感じがしない
口起床時の頭痛(頭重感) 口日中の強い眠気
口夜間頻尿


軽度に2つ以上のチェックが付いた方は軽度の無呼吸症候群、中等度〜重度に2〜3つのチェックが付いた場合は中等度睡眠時無呼吸症候群、 4つ以上のチェックが付いた場合は重度の睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
中等度〜重度の肥満によるいびきの自覚がある場合は、特に食事制限や減量を行い、病院の受診を検討してください。

投稿日:2022年9月20日
カテゴリー:

家族のいびきがうるさくて眠れない

ご家族、パートナーのいびきがうるさくて眠れない、目覚めてしまうというお悩みをよく伺います。
みなさんはいかがでしょうか?

 

「家族、パートナーのいびきが気になって眠れない」

という意見がある一方

「いびきを指摘されたが自覚がないし、どう対応していいかわからない、気をつけようがない」

という当事者側の意見もあり、なかなか解決に至らない。
いびきの話をすると喧嘩になってしまうというケースも少なくないようです。

 

【いびきの原因】

いびきには様々な原因がありますが、代表的な例として3つ挙げられます。

  • ストレス、疲労の蓄積

ストレスや疲労が蓄積すると身体が回復するために多くの酸素を取り入れようとします。その影響で口呼吸が増え、いびきが発生するというサイクルに陥りやすくなります。

ストレス、疲労の回復に努めることで軽減される可能性があります。

  • 飲酒

アルコール摂取により筋肉はゆるみやすくなります。飲酒により舌やのどの筋肉が緩むことで、舌が喉の奥に入り込み、気道が狭められていびきが発生します。

飲酒によるいびきは飲酒量を減らすなど飲酒習慣を改めることで改善が期待できます。

  • 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは眠ることで上気道の筋肉が弛緩し、舌根部や軟口蓋が喉の奥に下がり気道を狭めることによって起こります。いびきのみならず、繰り返し息が止まることにより、日中の眠気、頭痛、疲労感など身体的にも精神的にも支障が出ます。

まずは検査と行い治療することをおすすめします。

(睡眠時無呼吸症候群について詳しくはこちら)

https://www.ent-hasegawa.com/ent/treatment01/へリンク

 

【いびきによるストレス】

いびきにより睡眠を妨げられた場合大きなストレスとなります。平均していびきは50-60デシベル程度と言われており、繁華街の騒音と同じレベルの大きさです。

・相手を横向きに寝かせる

・耳栓をする

・いびき解消グッズを使ってもらう

など、応急処置的に対応することで解決すれば問題ありませんが、耐え難いほどのストレスになる場合もあります。いびきは治療により改善する可能性がありますので、パートナーや家族に耳鼻咽喉科での検査をおすすめすることもひとつの解決方法です。

パートナーからの指摘により受診したら睡眠時無呼吸症候群だったというケースも少なくありません。パートナーや家族の健康のためにもよろしくお願いいたします。

投稿日:2022年5月24日
カテゴリー:

家族性高コレステロール血症とは?

『コレステロール値が高いのは遺伝のせいかもしれません』

さっそくですが、 家族性高コレステロール血症(FH)という病気をご存知でしょうか?
家族性高コレステロール血症(Familial Hypercholesterolemia:FH)とは、若い年齢でも動脈硬化を発症することが一般の方に比べて多い病気となります。
通常は、運動や食事などの生活習慣が原因でコレステロール値が高くなりますが、 遺伝が原因で、生まれつきコレステロール値が高い方がいます。
「若いころからコレステロール値が高く、薬を飲んでも数値が下がらない」 「家族の中で、若くして心筋梗塞を患った人がいる」 といったことが思い当たる方はいらっしゃいませんか?
そのような方は、もしかしたら家族性高コレステロール血症かもしれません。
大部分の患者さんは、若い頃からコレステロールが高いこと以外、特に自覚症状がありませんが、 一部の患者さんは、コレステロールが沈着した黄色っぽい隆起(皮膚黄色種)が、手の甲・ヒザ・肘・瞼(まぶた)などに見られます。
また、角膜輪、アキレス腱肥厚といった特有の症状もあります。 日本では診断率が1%未満といわれており、見逃されやすい病気です。
若年でもすでに動脈硬化が進行している危険性があり、 治療をしないと、心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患の発症リスクが高くなります。 食事療法や薬物療法による治療がありますが、いずれも早期発見・早期治療が重要です。
ご自身やご家族で、もしかしたらと思われた場合は、お気軽にご相談ください。

投稿日:2022年4月16日
カテゴリー:

血圧高めというのはどれくらいのことですか?

血圧とは、血液が心臓から流れることにより血管の内側にかかる圧力の事をいいます。 この血圧が高くなりすぎた状態が高血圧です。
ある程度の圧力は必要ですが、高くなりすぎると様々な病気を引き起こす可能性があります。
ほとんどは本態性高血圧といわれるもので、生活習慣のかたよりと遺伝的な素因とが原因になります。
遺伝的な素因があっても、生活習慣に気を付けるけることで悪化や発症を防ぐことができます。
血圧の正常や高値などの基準は、「高血圧治療ガイドライン2019」に高血圧についてまとめた指針が示されています。

● 正常血圧は 120/80mmHg未満

● 正常高値血圧は 120~129/80mmHg未満

● 高値血圧は 130~139/80~89mmHg

● 高血圧は 140/90mmHg以上 とされています。

これを元に考えると、診察室で測定した高めの状態は、120/80mmHg以上ということになります。
「正常高値血圧」以上でまだ「高血圧」に至らない120/80~139/89mmHgの方は、高血圧へ移行する可能性が高いことがわかっているため、生活習慣の改善が推奨されています。
まだ高血圧と診断されていなくても血圧が高めだと感じたら、食事の際には塩分量を控えることや、運動の機会をつくるなど気軽に始められます。不安のある方はお気軽にご相談ください。

投稿日:2022年4月16日
カテゴリー:

冬になると血圧は上がる?

今年の冬は、ラニーニャ現象の影響で雪が多く、例年よりも厳しい寒さが続いていますね。
寒い日には、ヒートショックにお気を付けください。
ヒートショックとは、気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることをいいます。
例えば、脱衣場と浴室の温度差や部屋とトイレの温度差でも、血圧変動の要因となりますので、 家全体を暖かくする工夫が必要です。
さて、タイトルにもありますが、 「冬になると血圧が上がりやすくなる」と言われております。 なぜでしょうか?
1.寒さを感じると体温を逃さないように血管が収縮
2.運動不足による体重増加
3.忘年会や新年会などで飲酒の機会が増え、食事による塩分接種が増える これらの理由から冬場は血圧が上昇すると考えられています。

一般的に、高血圧の自覚症状はあまりない場合が多いですが、 急激な血圧上昇時には頭痛・頭重感、めまい、肩こりといった症状が現れることもあります。 高血圧が続くと、心筋梗塞、心不全、脳血管疾患、腎不全など命に関わる病気の発症リスクが上がりますし、 高血圧の方は血圧が上昇しやすく、ヒートショックのリスクも高くなります。

【体が感じる温度差を小さくしましょう】
血圧が上がりやすくなる冬の間は、 以下のことに気を付けて、高血圧のリスクを避けましょう。
●起床●
・起床直後の行動はゆっくり
・着替えは部屋を暖かくしてから
・洗顔はぬるま湯で

●夜間のトイレ●
・飛び起きず、ゆっくり行動する 
・靴下や上着を着用するなどの防寒対策を

●外出●
・マフラーや手袋で防寒対策  
※血管の集中する首や手首を暖めると体感温度が4℃あがると言われています
・起床後2時間以内は、激しい運動は避けましょう

●入浴●
・脱衣所と浴室を暖かく
・入浴前、入浴直後は飲酒をしない
・入浴前にコップ1杯の水を飲む
・温度は38℃~40℃に設定
・長風呂は控える 

●体調管理●
・感染症対策
・食事のバランスと生活リズムを整える
・手洗いとうがいを徹底する
・加湿器などで部屋の乾燥を防ぐ 冬の血圧上昇を防ぐには、寒暖差を小さくすることはもちろん、 感染症対策などで体調不良を防ぐことも大切です。

生活習慣にも気をつけながら、冬の寒さに備えてくださいね!

投稿日:2022年3月3日
カテゴリー:

ページトップ