メニュー

原因と症状

 虫刺されは、特に夏期に多く、毛虫(チャドクガ)、蚊、ブユ(ブヨ、ブト)、ハチ、ムカデなどに刺された方の受診が多くみられます。刺された部位に、赤み、腫れ、かゆみや痛みを生じますが、発疹から刺した虫を特定できないこともあります。小さいお子さんでは、虫刺されのあとを掻いてしまって、とびひになることがあります。

当院での治療

 虫刺されでは、ステロイドの塗り薬やアレルギー反応をおさえる飲み薬、症状がひどい場合はステロイドの飲み薬などを処方いたします。とびひになってしまった場合には、抗生物質の飲み薬や塗り薬も併用します。

 なお、下記にあてはまる場合は、すぐに総合病院へご紹介させていただきます。

  • ハチ等に刺されて、息苦しい、気分が悪い、血圧が低いなどの症状がある場合
  • セアカゴケグモに刺された場合
  • マダニに刺されて、まだ虫がくっついている、あるいは自分で虫を引きちぎって取った場合
    (皮膚に残っているマダニの口器を取り除く処置が必要です)
ページトップ