メニュー

症状

 じんましんは、蚊に刺されたような発疹が、出たり引いたりする病気で、かゆみを伴うことが多いです。一般に、ひとつの発疹は数時間程度、長くても1−2日程度で跡を残さずに消えてしまいますが、発疹は次々と違う場所に移動していきます。

原因

 じんましんは、食物やお薬が原因で生じることもありますが、最も多いのは原因不明の特発性じんましんです。風邪をひいたときや、疲れているときなど、体調の悪い時にじんましんが出る方が多いようです。

当院での治療

 原因が分かっている場合は原因をできるだけ取り除くとともに、飲み薬による治療を行います。慢性じんましんの患者さんでは、長期間飲み薬が必要になる場合もありますが、あきらめずに根気よく治療を続けましょう。なお、じんましんの飲み薬は色々種類がありますので、眠気やだるさなどの副作用が強い場合や、薬の効きが悪い場合などは、診察時にご相談ください。

日常生活での注意点

じんましんは、体があたたまると出やすい、こすれるところに出やすいといった特徴があります。熱いお風呂やアルコール、香辛料を含む食べ物など、体をあたためてしまうものをなるべく避けましょう

ページトップ